2017

芸術・社会・生命 ── 社会共創とコミュニティの新たなヴィジョン

 

国ごと移動するかのような厖大な難民や移民、国際政治の負の遺産である内戦と無差別テロ、災害とカタストロフィ、民主主義への脅威、食や病の不安、経済やエネルギーと結びついた環境の劣化......私たちはかつてない大きな変化と危機にさらされています。「自然の叡智」を手掛かりに繰り広げられてきた山のシューレ、10年目の今年は厳しさを増す現実にしなやかに立ち向かうための共生と共創のヴィジョンを見つめます。

世界を成立させているのは硬直した社会関係や時代構造でもなく、もっと深い人間的な関係性であり、あらゆる社会に潜在する創造的コミュニタスであると指摘したのはV・ターナーでした。コミュニタスとは日常生活の規範により分断されていたものが解放され、地位も性差も年代も超えた一人の人間として受け入れられてゆく場への帰還を意味します。時代の大きな潮流に心を開きながら、相互共与し、大切なものを掬いあげ、それらを結びつけてゆく。

山のシューレ2017は、人間の精神の繋がりや食と医療の関係がますます重要になってゆくこの時代に、人間の素質と個性を尊重し、生命の共同性の道筋を見つめ直し、人間の創造力を資本とする新たな世界の枠組みを探ってゆきます。

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.