2

 
 
 



2018/11/17 sat

小沼純一

水庭(へ)の、ため、ためし(仮題)

水庭には大小の160の池や樹木、石や苔がある。自然はただあるのではなく、外部にいる人間とのかかわりにおいて発見され、鑑賞される。そして当然そこには空間のみならず、時間の変化も介入する。こうした働きはまるで音楽のように感じられる それは武満の音楽論、時間の感覚にも通ずるものである。上記のイメージから自然とコスモロジーという観点からお話いただきます。

小沼 純一

1959年東京生まれ。早稲田大学文学学術院教授。音楽・文芸批評家。音楽を中心にしながら、文学、映画など他分野と音とのかかわりを探る批評を展開する。1998年第8回出光音楽賞(学術・研究部門)受賞。著書に『武満徹 音・ことば・イメージ』、『バカラック、ルグラン、ジョビン 愛すべき音楽家たちの贈り物』『ミニマル・ミュージック その展開と思考』『魅せられた身体 旅する音楽家コリン・マクフィーとその時代』『映画に耳を』他多数。詩集に『しあわせ』『サイゴンのシド・チャリシー』ほか。


終了いたしました

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.