5

 
 
 



2019/2/16 sat
  終了しました

 

新見 隆

メタ自然としての水庭を、アートとしてみる

この六月に、那須山麓は横沢の地、ユニークな芸術家村として、北山ひとみさんと私どもの営むアート・ビオトープ那須に、いちおうの完成をみた、異端の建築家石上純也による「水庭」。それはいっしゅ、自然そのものを素材としてメタフィジカルに再解釈した、瞠目的な、現代アートへの新しい提案にみえる。二十世紀美術の大論点、マルセル・デュシャンを、強く想わせる。古今東西の「庭」は、人間による自然の読解だが、その読みの歴史にも、また現代文化のあり方にも、大きな石を投じるものになるだろう。

新見 隆

1958年生まれ。武蔵野美術大学芸術文化学科教授。大分県立美術館館長。フリーランス・キュレーター。美術・デザイン評論家。イサム・ノグチ庭園美術館学芸顧問。西武美術館・セゾン美術館の学芸員として、「バウハウス 1919-1933」「イサム・ノグチと北大路魯山人」などの展覧会を企画。著書に『空間のジャポニズム』『モダニズム庭園と建築をめぐる断章』など。2011年「ウィーン工房展 1903-1932」展(パナソニック電工汐留ミュージアム)で西洋美術振興財団賞を受賞。

 

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.