1

 
 
 



2018/10/20 sat

伊藤俊治

水庭 ── 自然の叡智を反射する(仮題)

山のシューレの「共に生きる、学ぶ」というテーマを実践していくなかで、自然と人間が共に与えあう場として「庭」という言葉が導きだされ、新たな価値創造を目指す「庭プロジェクト」が始まりました。その成果として生まれたものが「水庭」です。10年間続けてきた山のシューレから水庭に至るまでの経緯と、水庭の持つ意義についてお話し頂きます。

伊藤 俊治

多摩美術大学美術学部教授を経て現在東京芸術大学美術学部教授。美術史・写真史・美術評論・メディア論などを中軸としつつ、建築・デザインから音楽・映画まで、19世紀文化、20世紀文化全般にわたり評論活動を展開すると同時に、ミュージアムや様々なアート・文化企画ディレクターをつとめる。


終了いたしました

Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.